引越し見積もりのコツ

 

引越をするにあたり、家財道具や家電などを運ぶ必要があります。最も安くすませるにはトラックやバンなどの積載量の多い車両を準備して自身で運べばよいのですが、輸送中の破損や新居への運搬などをすべて自分でやらねばならず、破損などのトラブルも保証されません。

そのため多くの人は引越業者を利用します。引越を専門に扱う業者から、運送業者が経営しているものまで数多くの引越し業者がいます。移動する距離や世帯によって変わってはきますが、引越しにかかる費用はけして安いものではありません。そのため複数の業者に見積もりを出し、比較した上で決定するのが一般的です。

引越し代金の安さだけで決めるのではなく、アフターサービスや引越しの際の保証など注目するべき点はいろいろあります。引越しの際に必要となるダンボールは終えた後にはかさ張って邪魔な存在です。それを指定日に無料にて引き取ってくれるサービスを行っている業者もあり、それが決め手となって選ばれることもあるそうです。

また引越しにも繁忙期・閑散期があり、2月3月といった卒業シーズンには進学や就職といった理由で引越しをする人が増えます。そのような時期でも日取りや時間といった要望にどこまで答えてくれるのか、また荷物の量によっても料金が変わるため、当日になって見積もり金額が変わるといったこともあるため、それを事前に伝えてくれるかどうかで利用者からの評価も変わってきます。 大きなイベントである引越し、その引越し見積もりを出す上でのポイントを考えてみましょう。